SMCビジネス・ドクター
 
戦略経営者倶楽部(SMC)は、株式会社エム・エム・プランが主宰する経営者クラブです。サービスメニューは、セミナーや勉強会、交流会だけではありません。経営者が真の力を発揮するには、経営力と共に心身の健康文化的教養資産力の増強も必要です。各分野の専門家と協力し(SMCビジネスドクター:医療や未病の専門家、経営・経済等の専門家、資産運用や投資の専門家、日本文化や芸能、スポーツ等の専門家)SMC会員のイベントや個別相談に対応しております。

・心身の健康
・経営の改善
・財産の保全と運用
・文化の修養


心身の健康
  
野口哲英先生(日本医療経営研究所 代表)
 
病院経営コンサルティングのエキスパート
医師・医療機関のネットワークを通じた「未病・予防・健康」のスペシャル・アドバイザー
  
❏役職
・(株)日本医療経営研究所 代表取締役
・NPO法人アイエイチエムエージヤパン(イーマ) 理事長
・国家ビジョン研究会医療・看護・介護問題委員会 世話人
・JSK事業戦略研究会 正会員
 
❏著書
・病院経営塾・新病院経営塾…日本医療企画
・サバイバル病院経営逆転の発想21…日本医療企画
・病医院の新増設改築のチェックポイント…鹿島出版
・老人保健施設成劫のポイント50(共著)…日本医療企画
・ヘルスケア施設作りの実際(共著)…鹿島出版
・がん難民にならないためのサードオピニオン…幻冬舎ルネッサンス
・医者いらず金いらず…幻冬舎ルネッサンス
・絶対絶命の社会保障制度…大河出版
 
❏野口哲英をサポートする専門家集団
日医研は、医師、看護士、薬剤師、弁護士、公認会計士、マーケティング・プランナーなど、各分野の専門家を“主任研究員"として組織しる。
 
❏野口哲英の経営指導、医療制度へのモットー
“良き医療は良き経営から"のモットーのもと、日医研の主宰者である野口哲英は、平成8年に日医研の社長に就任以来、数々の病院経営者に対し、病院経営塾等で安定して成長する病院を実現するためにさまざまなサポートを行ってまいりました。野口のコンサルの神髄ぱ人を育てる"ことにおります。
病院経営者として、また、医師として知識や技術はもちろん大事です。
しかし、その前に、何のために病院をやっているのか、何を目指して医師という職業を選んだか、という原点に立ち返り、病院・医療の質を高めることこそが、地域の人々からの信頼を勝ち取り、それが安定した病院経営実現の原則である、ということを再確認することから、問題の解決に取り組みます。
既に60を超える病院にこのような方法でコンサルティングを提供し、多くの病院から感謝され、信頼されています。
激変する医業の経営環境の中、世代交代が進む中、地域社会から“信頼され続ける病院"を実現するために、野口哲英の力をご活用ください。
 
❏所属団体・機関
●日本医療経営研究所/http://www.nichiiken.com
●NPO法人イ-マ/http://www.ihma.or.jp/
●国家ビジョン研究会/http://kokka-vision.jp/
 
 近藤昌平英先生
(社団法人未病予防健康倶 楽部 代表)
 
異業種交流会「VAV(バブ)倶楽部主宰 
 
1966年「ボン・ボヌール」を設立。ケーキ宅配システムの構築をはじめ、当時としては珍しい婚礼菓子業界に参入し業界トップとなる等斬新なビジネスを展開。2015年秋、未病予防健康倶楽部としてギンザドクターズヘルスサロンを立ち上げた。
❏VAV(バブ)倶楽部/http://www.vavclub.com/
理事長 石渡宏道先生

 
 
 
老後あんしんクラブ
・資格税理士
・産業カウンセラー
・創造経営コンサルタント
・医業経営コンサルタント
・役職等神奈川県医師信用組合 監事
・ 神奈川県下3医師会 顧問
・ (公社)神奈川県病院協会 監事
・ (公社)鶴見法人会 監事
・ (公社)日本医業経営コンサルタント協会 相談役

 
冨田泰生先生(磁気・温熱治療院院長 
 
磁気治療、温熱治療、気功、整体であらゆる疾患を治療します。肩こり、腰痛から、脳梗塞、呼吸器疾患、癌、糖尿病、、アトピー、生理痛、子宮筋腫、卵巣膿腫、痛風、腸閉塞や間質性肺炎、クローン病、メニエル、ジストニア等の難病疾患やうつ病の治療をしています。
 
◆私(杉田利雄)の体調不全の特効薬のような先生です。助かっています。
 

 
経営の改善
 
 
向山裕純先生(向山会計社 代表、税理士)
 
開業し税務指導をしている税理や公認会計士から相談を受けるほどの税務のエキスパート。
国際渉外業務に強く、国際的な資金移動や企業取引のアドバイザーとして活躍する。
 
❏役職
・租税訴訟補佐人
・認定事業再生士(CTP) 
・個人版私的整理ガイドライン運営委員会 登録専門員
・有限会社 向山会計社 代表取締役
・SSK 租税総合研究所 理事長 
・LLP 首都圏ビジネス支援センター 代表パートナー
・NPO 首都圏事業再生支援センタ- 常務理事
・TKC城北東京会顧問
・JSK事業戦略研究会全国会顧問
 
❏著書
・「図解 見てわかる生命保険」(池田書店) 
・「図解 見てわかる決算書と経営分析」(池田書店) 
・税理士のための租税訴訟研究(租税総合研究所)
・がん保険通達に従った損金算入を否認した原処分が取り消した裁決に対する論評(中央経済社) 
・相続開始前3年以内に取得した土地建物の課税価格の特例廃止に伴う経過措置の憲法適合性に対する論評(TKC税務情報) 
・親族間における資産の交換特例の適用と物納方式の留意点(ぎょうせい税理)ほか
 
❏活躍の場
租税訴訟補佐人、認定事業再生士、企業分割、相続対策、国際渉外、資産税業務などで幅広い提案を行う。 
金融機関、官公庁、税理士の主催する後援会・研修会の講師をはじめ、新聞・雑誌での執筆活動など多岐にわたる。
 
❏向山裕純の経営指導の基本理念
私が師と仰ぐTKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べており、これに賛同しわが理念としています。
大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。
仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。
同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。
そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。
また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。
世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。
そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。
 
❏所属団体等
●租税法務学会会員 
●租税訴訟学会会員
●ブログ 税理士 向山裕純の税のなんだパンダhttp://mukouyama.blog.fc2.com/
●NPO 首都圏事業再生支援センタ-http://www.saisei-npo.com/
 
清水洋先生(JSK事業戦略研究会会長)
税理士、経済評論家、組織再編や地域活性化コンサルタントとして多方面で活躍。
 
著書、「財産を無くす人、財産を残せる人」、「借金で会社を潰す社長、会社を生かす社長」(明日香出版)「21世紀への財産形成」(ぎょうせい)、「不動産を買いたいと恩ったら読む本」(日本実業出版社)、「資産防衛」(日本能率協会マネジメントセンター)、「大倒産時代の生活防衛マニュアル」(同)、他多数。 
 
資産デフレに始まり、少子高齢化、急激な経済の国際化は、多くの経営者に容赦のない試練を与え続けています。このような状況の中で、中小企業の経営革新への牽引役として多<の仲間(税理士・会計士、弁護士等)が賛同し、2002年に事業再生研究会が立ち上がりました。以来12年間、全国の仲間(会員)が研鑽・努力し多くの中小企業を窮境から救い再生させています。
 
しかし、時代の変遷と共に中小企業への支援の目的が「再生指導」から「成長戦略指導」へ移っています。特に安倍政権の指揮の下に中小企業施策が“保護延命政策”から“スクラップアンドビルド”、“ビジネスモデル・イノベーション”へ舵を切らました。
日本全国で、多くの中小企業が“真の”支援と指導を求めています。事業再生研究会の名称をこの度「JSK事業戦略研究会」に変えますが、事業と雇用、経営者の家庭を守り、事業を再成長に導く仕事は、士業を始めとするコンサルタントの天命と思います。心ある指導者が集い、事業戦略の知恵を出し合い、経営資源の不足がちな中小企業に利用可能な形態で提供したいと考えます。これまで培ってきた先生の経験と知恵を私どもJSK事業戦略研究会の知識と組織力を合わせ、一層の効果を発揮できれば幸せです。
 
大髙友紀先生

税理士法人大高事務所代表)
・JSK事業戦略研究会副会長
・NPO法人関西事業支援機構会長
 
『1』 販売なくして事業なし。
事業を起こすことは自分が、商品が売れてお代金を頂戴して、そのお金で新たな商品を仕入れて、お客の望む商品の品揃えをして、お客様に買って頂く、この繰り返しであります。
ゆえに販売なくして事業なし。売れることが最初にありきです。

『2』 財務無くして経営なし。
そして、その次に来るものが、財務無くして経営なし。
経理が分からんで経営などできません。会社の、事業のお金の動きが分からないでは経営などできません。経営者には簿記3級程度の知識は求められます。専門家になるのではなく、会計の会話ができるようになることです。

『3』 計画無くして未来なし。
3番目は計画無くして未来なし。
航海に例えて、会計的に言いますと経営計画のない経営は羅針盤のない経営であると申します。経営計画を作るべきだと他人様は言って下さるが、作成するのは手間がかかりなかなか大変です。そこで、私は申し上げるのは、皆様、それぞれ自分の思いを持っていらっしゃいます。それをA4のワンシートに自分の思いを走り書きで書くだけで良いから書くことなのです。未来は不確実で思い通りには行きませんが、書くことによって思いは実現します。 

 
内橋慎一先生(税理士,内橋慎一税理士事務所所長)
・JSK事業戦略研究会々員
  
東証1部上場企業にてディスクローズ業務に携わった後、税理士事務所勤務を経て、不動産、IT、アパレル等中小企業の財務担当役員として上場準備、企業グループ内組織再編、資金調達などに携わる。
2004年10月内橋税理士事務所を設立。
 
法人税、資産税の実務をベースとして組織再編と事業再生、事業承継対策の経営指導を得意としている。BS改善のための組織再編や事業計画作成もサポートする。
税理士としての立ち位置だけでなく“クライアントの問題解決”という視点を大切にした指導に定評がある。
経営指導の質と成果を上げるため、法律や金融、新産業技術の勉強会にも積極的に参加し、指導レベルの向上と問題解決のためのネットワークに力を注いでいる。

・JP戦略税務研究会会員
・NPO法人関西事業再生支援センター会員
・JSK事業戦略研究会々員
❏著書等
事業再生学 ~中小企業の経営管理と危機対応~  上・中・下
執筆協力

 
禅定貞男先生
税理士法人 銀河
NPO関西事業支援機構副会長
 
税理士ファイナンシャルプランナー JSK認定事業再生コンサルタント 大阪NPOセンター認定NPOコンサルタント NPO関西事業再生支援センター 理事長 NPO法人ウィルサポート関西 副理事長

  
上野良治先生
 
認定事業再生士(CTP:Certified Turnaround Professional)
首都圏ビジネス支援センターLLP 代表パートナー株式会社ベネフィットコンサルティング 代表取締役JSKパートナーズ株式会社(事業再生ファンド) 取締役株式会社経営財務支援協会 執行役員

 
小林進 Susumu Kobayashi 
所属:
NPO関西事業再生支援センター会員(実抜委員会・委員長),JSK事業再生研究会会員
 
主な経歴:
・地銀(大阪)22年勤務/主に中小企業への融資業務を担当
・株式会社RGマネジメント代表取締役(現職)
 
主な講演テーマ:
・中小企業の金融事情
・金融派生商品(デリバティブ)の損失回避策
 
最近の活動状況:
・経営コンサルティング(事業再生、資金調達、デリバティブ対策)
・セミナー講師(事業再生研究会)
・平成27年度地域創業促進支援事業(経産省)の創業スクールの実施
 
Webやfacebook:
 
 
佐久間信司先生(弁護士)
・NPO東海事業支援機構理事長
 
1985年4月旧名古屋弁護士会に登録。
以後26年間,現愛知県弁護士会に所属して弁護士業務に従事。
中小企業支援法務(事業再生や事業承継の指導,事業者の倒産処理,M&A指導,企業顧問業務など)など会社法務が中心。

 
 
谷原誠先生(弁護士)
みらい総合法律事務所代表パートナー
・JSK事業戦略研究会々員
 
平成6年4月 弁護士登録(東京弁護士会)
平成13年度 東京弁護士会常議員・代議員
平成13年~平成24年 財団法人日本体操協会理事
平成15年~ 社団法人日本新体操連盟理事
平成21年 税理士登録
平成20年~平成27年 アイ・アール債権回収株式会社 取締役

 
 
今井多恵子先生(弁護士)
・JSK事業戦略研究会々員
 
・慶應義塾大学法学部法律学科卒業
・2006年(平成18年)最高裁判所司法研修終了
・弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
都内企業法務系事務所を経て、2013年齋藤弁護士、高嶋弁護士とともに麹町にてist総合法律事務所を開設。著書として、「住宅建築トラブル相談ハンドブック」(共著、新日本法規)、「会社設立のしかたがよくわかる本」(共著、ソーテック社) 等。

   
・JSK事業戦略研究会々員
 
東京の下町から中小企業に元気を発信する「町コン」五十嵐勉氏。
「町コン」とは、地元密着した町医者的なコンサルタントをいい、「町コン」は五十嵐氏によって登録商標されている。
「中小企業の経営者の悩みを59分で解決します」を信条に、最初の30分で話を聴き、20分で質問をし、残りの9分で方向性を出す。経営者はやるべきことが見えてくる。創業以来600社以上の会社を指導。経営指導の中で気づいたことは、会社は潰れるようにできているということ。何もしないと、何も手を打たないと、会社は潰れる。会社が潰れずに元気な会社にするには、優れた経営戦略を必要とする。
 
❏ブログ/ http://daruma8.exblog.jp/
❏ホームページ/ http://www.igarashireport.com/

   
・JSK事業戦略研究会々員
 
S.40年生。筑波大学卒。熊谷組にて不良債権処理、新規事業立ち上げ、グループ会社再編業務に 従事。その後船井財産コンサルタンツ、オリックスM&AソリューションズにてM&A、企業再生、再生ファンド業務に携わる。BFCAの理念に賛同し、コンサルタントして参加する。

 
吉野兼司先生(株式会社FGグループ代表)
・JSK事業戦略研究会々員
 
S.40年生。埼玉県出身。平成14年5月より企業/事業再生・FCコンサルティングを開始。 平成18年より小売店舗20店舗を展開、平成21年9月中小企業に特化した事業再生FGグループを設立。
 
 
 
高橋章先生
・BFCA経営財務支援協会・会長
 
S.38年生。
東京大学卒後さくら銀行(現三井住友銀行)入行、企画部門でアットローン等リテール金融の新規事業を数々立ち上げ当歴任。
金融機関退職後、サービサー会社の設立し代表就任。
中小企業向け金融コンサルタントとして活躍後、2011年BFCA取締役就任現職。
 

 
山本広高先生
・BFCA経営財務支援協会・取締役

1977年生。
群馬大学大学院卒ご渡米、フロリダの大学院にて2004年MBA取得。
2004年 アクセンチュア㈱入社後ビジネス統合部門にてコンサルティング業務等に従事。
2011年 BFCA取締役に就任現職。経営戦略指導、経営システム構築、実抜計画指導等、経営規模の大小にとらわれずに幅広く活躍中。
 
文化の修養
 
岡田美香先生(株式会社ニケ代表取締役)
 
地域再生・活性化のエキスパート
OLから転職し、事業再生アドバイザーなどで活躍後、ブリザーブドフラワー制作販売会社を創業。この事業の成功が注目を集めている。
 
❏役職
・株式会社ニケ 代表取締役
・西小山賑わい研究会 事務局
・JSK事業戦略研究会 正会員
 
❏プロフィール
1967年鳥取県米子市で生れる。全融、デベロッパー、パラリーガルなど多彩な業界でキャリアを積み上げ、2010年に独立起業。現在、地域再生に関わりながらプリザーブドフラワーの制作・販売を展開中。
 
❏エピソード
2015年3月、中小企業経営者向け月刊誌「近代中小企業」の表紙を飾る。このインビューの中で岡田美香氏は「さまざまなビジネスで得た経験を活かし地域再生のパワーに変えたい!!」とビジョンを表明した。
 
❏インタビュー記事のダウンロード
 
立川談四楼師匠(落語家、作家)

立川談四楼は、群馬県邑楽郡邑楽町生まれの落語家、作家。本名、高田正一。出囃子は『喜撰』。 落語立川流のなかで若手・中堅への貴重なお師匠番として重宝されている。また彼ら若手中堅を引っ張るリーダーともなっている。落語家とともに小説家としても名を成した稀有な人材。

◆談四楼師匠(愛称・マーちゃん)は、弊社代表杉田の生家の隣家で、一級上の先輩。中学校では、生徒会長をしていました。
立川談四楼オフィシャルサイト だんしろう商店
 

桂茶がま師匠(落語家、投資評論家)
 
桂茶がま(かつらちゃがま)は、日本の落語家、俳優、歌手。上方落語協会会員。本名、山崎 廣士。 大阪府岸和田市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。NSC第4期生。
 
◆桂茶がま師匠を講師に招いて「株式投資の面白さ」講座を開いて「日本の株式相場は、イケイケです」とやった翌日、日経平均は大暴落しました。
❏2013年5月の株式大暴落(Youtube)
❏桂茶がま師匠の株式講座(Youtube)

 
ステラ薫子先生(西洋占星学、タロット占い)
 
幼少の頃より霊感に優れ、数々の怪奇現象を体験する。
その神秘体験の意味を説き明かすためにグノーシス主義からキリスト教神秘主義まで深く研究し、西洋占星学、タロットを独学で習得し、日本を代表する西洋占星学、タロット占いの第一人者となる。その驚異的な的中率と依頼人の運命を好転へと導く的確なアドバイスには定評がある。日本はもとより広く韓国など海外のメデイアからも注目を集めている
 
◆経営者としての重要な意思決定(投資判断、人材の採用、組織再編など)に決定的なアドバイスをしてくれます
 
財産の保全と運用
 
望月純夫先生(投資ストラテジスト)
 
株式評論家(ムッシュ望月)
慶応大学法学部政治学科卒業。1971年山一證券入社、1984年新 日本証券入社、国際部(パリに駐在8年駐在)を中心に活躍。1988年、証券会社を退職後、経営コンサルタントとして独立。
 
◆弊社代表杉田が所属する、花咲投資クラブのお師匠さんです。世界の経済動向に詳しいだけでなく、映画を始めとする文化にも造詣が深い。
 
❏著書:『アメリカの投資クラブ流・株式投資塾』
『株をやさしく教えてくれる本』

❏経歴:PHP研究所『ビジネス・レビュー』連載
月刊『投資手帳』連載
早稲田大学エクステンションセンター『よく分かる株式投資』講師

  
堀昭則氏Hopewill Group (Holdings) Ltd 代表取締役会長
 
【アジア・海外 / 販路開拓・市場調査】
日本企業の海外支援を専門とするホープウィル(香港本社)は、13年で培ってきた現地バイヤーとのネットワークを提供し、中華圏やアジアでの販路開拓・市場調査を徹底サポートしている。
  
◆2002年ごろから10年余、当社会員やその顧問先のアジア進出、外貨投資のアドバイスを受けている。頼りがい抜群